忍者ブログ
随想、生活、日記、雑感。ネット、IT。市場活動。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

LINE


しっかしLINEユーザー多すぎるなぁ・・・。先週の土曜日また二丁目に飲みに行ったんだけど、そこで仲良くなった人もLINEユーザー、店子もほとんどLINEユーザー、一緒に飲みに行った友人はすでにLINEユーザー。LINEゆーざーに囲まれていた(笑)。でもうちは登録しませんよっ!!!。だってメールも通話も普通にスマートフォンで出来るしすればいいだけの話だもん。無料より恐ろしいものはないのだ・・・。小さいころからばあちゃんに言われていることだし、うちも実際そう思う。だからといってLINEを使って理う人に使わない方がいいよとは言わない。人はそれぞれだと思っているし、使いたいなら使えばいいだけの話ですからね^^♪。

SEM代行
検索上位

「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
SEOスコアに占めるリンクスコアの割合は大変高い。リンクスコアに占めるリンクエイジスコアの割合は?
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる


2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
URL毎に異なる被リンクキャパシティー。キャパ超えで一時的に検索順位は落ちる。URLの器の大きさ
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
脱SNS。ブログシフトを進めて早1年半。SNSから距離置き、より一層ブログ・HPシフト推し進める
PR